宮司よりひとこと

遠方からやって来た巫女さん

  • 宮司 (中東 弘)
  • (宮司) 中東 弘

緋の袴をつけた巫女(みこ)は未婚の女性で、神楽や結婚式の奉仕等、神職の補助的な仕事をしています。現在は美しい舞をご覧いただいて、神様のおもてなしをしているのですが、太古は神様と交信をする重要な役目をしていました。鈴や榊を持って踊るうちに神憑りして、神の声を政治に取り入れていたのが、祭政一致の時代です。今も沖縄をはじめ各地で、神様と交信するシャーマン的な女性がいますが、太古はそれが当たり前だったのです。

戦後の高学歴化に伴い、中学から高校卒の巫女が増え、そして今では大学卒が通常となりました。大学出はしっかりしているのですが、働く年数が短くなってきます。ところがこのたび高卒の巫女がわが社に来ることになりました。当社の巫女研修を初級、中級、上級と受ける中で、すっかり気に入り、是非とも奉仕したい、神道を通じて自分の内なる魂を磨きたい、勉強したい、という気持ちが高まって、遥々と鹿児島からやって来たのです。

神様に対する最高のおもてなしが、神社の祭りです。美味しいご馳走を供え、感謝の美しい祝詞を奏上し、美しい舞をご覧いただくことが、おもてなしに繋がります。このおもてなしの心と、凛とした姿を身につけるには、まず心を磨き、舞の習得のほかに、立ち居振る舞い、歩き方、背筋を伸ばした所作、時処以に応じた拝礼の角度や緩急、間合い、節度、注目等々を稽古しなくてはなりません。月日を重ねて行くうちに所作が美しくなり、また目に見えない心を体に表現することが出来るのです。彼女に対する期待が大きければ大きいほど、先輩たちの指導も厳しくなり、本人の並々ならぬ努力が必要となるのです。

【更新日】平成29年6月1日

ページの先頭へ


  • 御由緒
  • 宮司よりひとこと
  • 神事・祭典
  • 境内のご案内
  • 御祈祷
  • 交通アクセス
  • 宝物
  • 日記(ブログ)
  • 結婚式案内
  • 神事・祭典
次の行事
  • 崇敬会のご案内
  • ひらおかの森を守る会
  • 御本殿創建一三七〇年記念 枚岡神社平成の大造営事業 ご奉賛のお願い
  • 「お笑い神事」Youtubeでご覧いただけます。
  • 「お笑い神事」Youtubeでご覧いただけます。
  • 七五三まいりのご案内
  • 秋郷祭
  • 枚岡感謝奉納祭
  • 夏越大祓(なごしおおはらえ)
  • 巫女体験のご案内
  • ラジオ体操のおすすめ
  • 断食研修会
  • 禊研修会
  • 枚岡神社instagram
  • 枚岡神社facebook