宮司よりひとこと

御代替わりと元号

  • 宮司 (中東 弘)
  • (宮司) 中東 弘

平成の御代も残り少なくなりました。明年の5月より元号が新しくなります。元号とはその年に付ける称号のことで、第36代孝徳天皇645年に初めて、「大化」と名付けられました。天皇ご一代で何度も変わった時代もありますので、これまでに240余の元号があります。天皇ご一代で一つの元号、即ち「一世一元」の制度は、明治改元の詔によるものです。ところが今上天皇のご公務があまりにも多忙となり、高齢の身では職務を全うすることが困難となったために、1昨年に譲位の言葉が発せられました。明年4月30日に「退位礼正殿の儀」、5月1日に新天皇が皇位の象徴である三種の神器の、剣や勾玉等を引き継がれる「剣璽等承継の儀(即位の儀)」、10月22日に新天皇が即位を国内外に宣言される「即位の礼正殿の儀」、11月14-15日に国家国民の平安や、五穀豊穣を祈る「大嘗祭」がとり行われます。

毎年11月23日に全国の神社で新嘗祭が斎行されますが、これは新穀に感謝する1年で一番大事な祭礼です。この日宮中の神嘉殿では、23日の夜を徹して、陛下自らご奉仕され、今年の新穀を神々と共食します。天皇が即位されて初めてこれを行うのが大嘗祭で、大嘗宮という特設の建物でとり行われます。「大嘗祭」を行うに当たっては、全国から「悠紀田」、「主基田」という神聖な田が選ばれます。天皇は全国を代表する二田から収穫した神聖な新穀を、大嘗宮で神々と共に召し上がります。これらの儀式は神代の昔、天孫降臨に際して、天照大御神が邇邇芸命に稲穂で統治を任せた故事によるものです。明年の御代替わりは数々の儀式を通じて、日本の歴史と伝統、国柄や大本を学ぶ絶好の機会ともなるのです。

【更新日】平成30年11月1日

ページの先頭へ


  • 御由緒
  • 宮司よりひとこと
  • 神事・祭典
  • 境内のご案内
  • 御祈祷
  • 交通アクセス
  • 宝物
  • 日記(ブログ)
  • 結婚式案内
  • 神事・祭典
次の行事
  • 崇敬会のご案内
  • ひらおかの森を守る会
  • 御本殿創建一三七〇年記念 枚岡神社平成の大造営事業 ご奉賛のお願い
  • 「お笑い神事」Youtubeでご覧いただけます。
  • 「お笑い神事」Youtubeでご覧いただけます。
  • 七五三まいりのご案内
  • 秋郷祭
  • 枚岡感謝奉納祭
  • 夏越大祓(なごしおおはらえ)
  • 巫女体験のご案内
  • ラジオ体操のおすすめ
  • 断食研修会
  • 禊研修会
  • 枚岡神社instagram
  • 枚岡神社facebook